保護法案

strong秘密保護法案「まっとうな取材で逮捕ない」~自民・町村氏/strongbr /
span style=font-size: 0.9em;line-height: 140%;lrm;5 時間前lrm;br /自民党の町村信孝元官房長官は19日の民放テレビ番組で、機密を漏らした公務員らの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案について、「まっとうな取材をしている記者は法律の適用外だ。逮捕されることはない」と強調した。町村氏は自民党のプロジェクトチーム(PT)座長。a href=http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131019/stt13101913540003-n1.htm rel=nofollow target=_blank(続きを読む)/a/spanbr /br /
br /pあ~今日は失敗だったなあ。また怒られちゃったよ~。今日は、ちょっと鬱ぅ。あたしがわるいんだけどね。/p
pundefinednbsp;|nbsp;undefinednbsp;|nbsp;a href=http://astore.amazon.co.jp/moncler-store-22モンクレール ダウン/a/p
pネイルアートは好きじゃない。っていうか、別に嫌いというわけでもなく、人がしているのをみればああそうね、きれいねと思う程度で、自分が特にやりたいとも思わないだけ。それに高いしね。それに爪に悪そうだし。私は爪を磨いて艶を出すようにしています。でも、やはり目の前できれいな爪がアートされるのを見るのは楽しいわ♪祥子さんはほんとうに上手です。彼女は仕事も丁寧だし、人あたりも悪くないから、独立しても絶対立派にそれで食べていけると思う。/p
pundefinednbsp;|nbsp;a href=http://astore.amazon.co.jp/meissen-store-22マイセン 食器/anbsp;|nbsp;a href=http://astore.amazon.co.jp/halloween-store-22ハロウィン衣装/anbsp;|nbsp;a href=http://astore.amazon.co.jp/bellydance-dress-22ベリーダンス衣装/a/p
pさておき、カルチニンなのだ。どうも食事制限によるダイエットといのは私には向かない。ま、これも今に始まったことことではないのも重々承知してるんだけどね。 もちろん私とて「楽して痩せよう」などとムシの良いことなかりを考えているわけではない。ただ、同じ努力をするなら、出来るだけ大きな見返りが欲しい。そう思っているだけです。マクロビオティックもボチボチ実践中ですわ。とりあえず皆さんから「効くプロテイン情報」をお持ちしております。ともに・メタボリックシンドロームを克服しようではないか!おー! /p
pa href=http://astore.amazon.co.jp/d-recorder-22高画質ドライブレコーダー/anbsp;|nbsp;a href=http://astore.amazon.co.jp/flyflot-22フライフロット/anbsp;|nbsp;undefined/p
p仕事なんかしないで、ご飯も作らず、一日中音楽でも流しておふとんの中でゆっくりしていたい。強く思う。でもできない。中途半端に責任感のある自分が恨めしい。早く仕事なんか辞めてやる!と、こんな日はつくづく思う。なにかいいこと、ないかな。/pbr /strong国は秘密保護法案を速やかに成立させたほうがいいですか? 尖閣問題で日中が険悪に…/strongbr /
span style=font-size: 0.9em;line-height: 140%;国は秘密保護法案を速やかに成立させたほうがいいですか? 尖閣問題で日中が険悪に揺れてる中、 なんと! 海上自衛官のOBが中国で戦術を指導してます。 日刊SPA!参照 http://nikkan-spa.jp/504987 、 中国初の空母「遼寧」で自衛隊OBが戦術指導している!? 2013.09.10 ニュース 空母とは、その存在だけで脅威となる。いわば“政治的な兵器”だ。 ゆえに空母の保有は、国家にとって、軍事的プレゼンスを高め、諸外国にその存在感を示すものとなる。大国を自認する中国にとって、空母を保有する意味は、まさに、ここにある。 そんな中国悲願の初空母「遼寧」に、驚くべき情報を入手した。なんと同艦に、海上自衛隊OBが乗り組んでいるというのである! 事の発端は、元海上自衛官で作家の惠隆之介氏の発言だ。’12年9月14日に放送された「沖縄は買われている?! 尖閣を問う! 志方俊之惠隆之介緊急対談!」(シアターネットTV)において以下の発言があったのだ。 「中国の情報筋からの話によると、海上自衛隊OBが、中国空母に戦術指導のため乗っているらしい」 この情報を元に関係者に取材をすすめると、実はこの「惠発言」以前から、中国空母に海自OBが乗り組んでいるという噂は防衛省情報本部や海上自衛隊内でも、既に話題に上っていたというのだ。 では、その海自OBとはいったいどのような経歴の持ち主なのか。どういった背景から中国に渡り、「遼寧」に乗ることになったのか。 「退職した海自OBの再就職先が中国が出資する企業で、その関係で中国に渡り、空母に乗り組んで技術指導をすることになったと聞いています。当時は、にわかに信じがたい話と思っていたが、惠氏の発言で、信憑性高い話として意識するようになった」(防衛省情報本部員の事務官) 防衛省情報本部に勤務する海曹長も「防大出身のパイロットかタコー(航空戦術士)が、定年退職後、中国に渡ったと聞いた」と話す。また在外公館の防衛駐在官経験もある幹部自衛官も、「話を聞いたことがある」と前置きした上でこう見解を述べた。 「中国空母に戦術指導のために海自OBを乗せるのなら、それは潜水艦乗りでしょうね。そもそも海自は空母を保有しておらず、運用のノウハウを有していない。中国側にとっても、運用のオペレーションを知らない人物をわざわざ乗せる意味はない。とはいえ、何らかの形で、『遼寧』に海自OBが乗っていた可能性は、隊内での話から否定し難い」 2人の話以外でも、パイロットやタコー、航空管制、潜水艦乗員とそれぞれプロフィールに違いがあるにせよ、中国空母に乗り組んでいるOBがいるという話を耳にした自衛官は少なくない。 いずれにせよ、これらの話を総合a href=http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/knowledge/search/*http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11113529861 rel=nofollow target=_blank(続きを読む)/a/spanbr /br /
strong人権保護法案の危険性について/strongbr /
span style=font-size: 0.9em;line-height: 140%;これから審議される人権保護法案が非常に危険だと言う話があります。 その危険性を教えてください。 できればどの条文か? なぜこの法案が出てきたのか?a href=http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1656771.html rel=nofollow target=_blank(続きを読む)/a/spanbr /br /
br /